2014年03月28日

三寒四温

寒い日、暑い日そして雨、植物には恵みだそうですが、
今年はいつになくきついように感じます。

三月、茶室には釣釜がかかり、炭の楽しみも過ぎようとしています。s006.jpg

旅箪笥にお道具すべて入れておき、野外でお茶を楽しむ趣向。
s004.jpg
お菓子は手作りの苺大福、何といっても作りたて!ほんのり温かいのがいいですね。

楽庵の弥生御膳

s007.jpg


s012.jpg
デザートのアイス。

s010.jpg


1、お料理は真ん中がお刺身、マグロのアボガド巻き、サーモンの花わさび巻き、帆立のめんたいこ合え
2、右となりは出汁巻き卵のつくしのせ。
時計回りに
3、新牛蒡ほか野菜のきんぴら。
4、海老チリ。
5、黒毛和牛のアスパラ巻き
6、蕨などやさいの炊き合わせ。
7、うど、アサリ、ネギ、こんにゃくのぬた。
8、鰆の塩焼き
9、かぼちゃ、帆立の黄身酢和え
です。
その他
10、香の物
11、椀物 ハマグリと菜の花のお吸い物
12、竹の子御飯
13、デザート、アイスクリーム。

以上13点 2千円のお料理をご紹介させていただきました。
毎月旬のものを美味しく召し上がっていただける様に心がけて
お料理しております。

posted by 楽庵 at 13:08| Comment(2) | 楽庵だより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

春の気配が、、、

s015.jpg
やっとやっと楽庵にも春の気配がしてきました。
紅梅とサンシュシュが玄関先でお出迎え。

s003.jpg
3月ですのに客間に近い大炉はまだ役目を終えていません。
お日様の無い時など、ちょっと肌寒い時は炭を置き、お香の香りと共に
お客様をお迎え致しております。

そして客間は釣り雛と
s009.jpg
つい笑顔になりそうなお人形たちが微笑み返ししております。

お料理の1例です。
s008.jpg
弥生御膳  春を告げる魚貝や菜の花、ふきのとう、うどなど食感と香りをお楽しみいただいております。
デザート共13点を心込めてお作りしております。
美味しい、美しいと言っていただけるのが嬉しくて!嬉しくて!

3月の楽庵製の和菓子は、
s012.jpg
銘は 春の野です。

花にはまだ遠い野原に黄色のきんとん、たんぽぽや菜の花とおもっていただけましたら、
大成功なんですが、、。
生八橋抹茶風味に薄紅の自家製練りきりを挟みました。

s014.jpg
銘はいつも茶友で俳句をなさる方から頂きました歳時記を参考にさせていただいています。
イメージにぴったりするのが見つかった時は銘が先でお菓子を探すことがあります。
これも私の楽しみとなっております。





posted by 楽庵 at 10:13| Comment(3) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。