2015年10月18日

夕去りの茶事

やっと過ごしやすい季節になりましたので
茶友を夕去りの茶事にお迎えして
庭でのお月見の趣向でと思っていましたが
あいにくの雨模様。
初座では夏バテ解消の懐石料理。
後座では心を元気にリフレッシュ。
夕去りのお約束は初座に花、後座に掛物ですね。
P_20151017_130054_BF-f7b92.jpg
大文字草(よ〜く見ると花びらがうさぎの耳に似ています)
P_20151017_162011_BF.jpg
向付 鯛の昆布〆め
汁   里芋、合わせ味噌仕立て
P_20151017_164036_BF.jpg
椀物 海老のしんじょう揚げ、ほうれん草、へぎ柚子
P_20151017_164239_BF.jpg
今回初めて日本酒のかわりにビールをお出しいたしました。
習いは習いとして、いわば楽庵流と言うところでいかがでしょう?と
茶友には好評でした。4時のスタートに合わせ遠方からの方もいらして
汲み出しのお湯、少々のご飯、汁の後のビール言う事無し!ですね。
P_20151017_164720_BF.jpg
焼物  秋シャケ ヨーグルト味噌漬け
預け鉢 柿なます 野菜と魚貝のフリット
八寸  海のもの スモークサーモン
    山のもの 南瓜のチーズ射込み

後座は広間に
無理無理設えた台目棚で炭手前。
P_20151017_175013_BF.jpg
主菓子 栗とこしあんをこなしの手法で包み柿を形作りました。
    当日朝8時につくりましたので、風味と食感が良いです。
    自画自賛!お料理と平行して作るのは厳しいのですが
    お客様に美味しいものをといつも頑張っています。

P_20151017_180257_BF.jpg
薄茶のお菓子は小さなお月見饅頭うさぎの耳の型を銅線で作り
焼いて食紅で鼻?口?をちょんと付けて月うさぎが遊んでいるイメージで作りました。
P_20151017_191214_NT.jpg

夕去りの茶事の後半は明かりが登場してワクワク感がいや増します!!!
炭の温度が高いと紫色に写るんですね。
蝋燭の明かりの有り難さを感じ、気持ちは400年前にタイムスリップ。
P_20151017_182722_NT.jpg
茶事は趣向があってより楽しめるものですね。
それをしっかりと受け止めて下さる茶友がいてくださるのが
私の最大の幸せです。 
皆様お疲れ様でした。
いつも無謀な茶事で申し訳ありませんが
何か一つでもお役に立つことがありましたら嬉しゅうございます。
ご参加の皆様本当にありがとうございました。

合掌




posted by 楽庵 at 09:18| Comment(3) | 茶事勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。