2015年09月26日

楽庵の秋

虫のこえもピタリと止んで静か過ぎる秋。
楽庵の客間も少しあったか〜い雰囲気に設えを替え、
P_20150926_145824-3f72a.jpg
10月のランチのメニューを考えていましたら、
本日楽庵ランチにお客様をお迎えすることとなり、
早速秋メニューに挑戦!
大袈裟ですが、そんな心構えで、
P_20150926_111512.jpg
先付 7種の野菜の和え物
向付 鯛の昆布〆め
   もずく、オクラ、マグロの和え物
焼物 だし巻き卵、南瓜のチーズ包み、黒毛和牛のアスパラ巻き

P_20150926_112044.jpg
椀物 蓮根と海老の真じょう

P_20150926_112427.jpg
揚物 魚はイナダ、枝豆のフリットなど野菜の揚げ物
   明日はお月見、丸ん丸いお月様がみられますように
   金時芋は月に見立てて

P_20150926_145616.jpg
秋ならではの楽翁さんの手打ち蕎麦!

P_20150926_144336.jpg
デザート アイスクリーム、無花果の赤ワイン煮添え
や炊きたてのご飯、漬物など11点のお持ち出し致しました。
お客様にもお気に召していただけたようで、一安心!

P_20150920_180609.jpg
これからはつるべ落としに日が暮れてまいりますね。
早めに明かりを点し、いが栗やミニ南瓜など置き、
夜長も大いに楽しむと致しましょう。
季節を楽しむ楽庵ですもの!!!


posted by 楽庵 at 19:49| Comment(5) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

楽庵ランチ

秋到来、
食欲の秋ともなれば楽庵も予約を頻繁にいただくようになりました。
 

開店3周年を迎え、開店以来、毎月のようにご来店くださるお客様や
ご紹介くださる方々の応援もあり、お陰さまで楽しく本当に楽しく
させていただいております。

当初から見守っていただいている方からは、このごろ余裕も感じられ、お持ちだしの
タイミングも良く、「腕あげてますね!」と言葉をかけていただきました。

年々体力は落ちてきて立ち仕事は辛いはずですのに、ますます元気です。
30分前の水打ち、15分前の香焚をし、鏡の前で着物の乱れを直しお客様をお待ちする時間は
緊張と楽しみがない交ぜになってわくわくします。

s002.jpg
9月のお造り 鯛昆布占めと柿、出汁巻き卵

s011.jpg
10月のお造り 炙り帆立、手作り握り

橋場藤次郎先生の信楽の器は濡らすと非色が映えてお料理を引き立ててくれます。

s003.jpg
蟹、海老、帆立のコキール

s010.jpg
松茸の土瓶蒸し

などなど秋ならではのお献立を心がけています。

s007.jpg
ご家庭でお祝いの為の松華堂をご注文いただいたりと
それぞれに相応しいお献立を考えるのも楽しみとなっております。

s008.jpg
茶席には花を入れ、

s001.jpg
立礼と座礼棚の中間の棚、いわば楽翁棚(楽翁さんが作り塗りまでしました。)
でお点前にてお薄を差し上げたりと、お茶の時間も楽しんでいただいております。








posted by 楽庵 at 12:01| Comment(4) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

千客万来!

4月に入り急に暖かさを増して初夏のような日が続く中、
お花見会、お祝い会の8名、10名様をはじめ今日まで30名以上のお客様をお迎えすることができました。

s146.jpg
庭では新緑が、

s148.jpg
玄関先では山野草たちがお客様をお出迎え。

客間では
s117.jpg
さよちゃん(手作り人形)が小さい小さい雛茶道具と共にお迎え。
お点前は取り込み総礼しているところです。


お料理は
s121.jpg
先付
s120.jpg
姫竹の子の若竹煮と三色団子(海老、イカ、帆立の真じょう)

さわらの焼物、山菜と魚貝の揚物、はまぐりの椀物、菜の花の酢味噌和え
自家製野菜の浅浸けなど季節と新鮮さを大切にお作りいたしております。

s122.jpg
デザートはアイスと苺、抹茶のかんてんに手作りジャムを添えました。

一人での調理、接客も2年目に入り少し余裕もでき、
心からおもてなしを楽しませていただいております。

コーヒーや抹茶をお出しする頃は、私もお相伴いたしまして、
お話を伺うのも楽しみとなっております。

楽庵は住宅街の奥にあり、わかりずらく隠れたる名店ならぬ迷店、
昼間は電話が留守電で予約が取りにくいなどお客様にはご面倒をおかけいたしておりますが、

お陰さまでご紹介様のみで楽庵させていただいております。
リピーターさまにはそれがいいのよね!といっていただき、
有り難く御礼申し上げます。




posted by 楽庵 at 10:14| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

感激!

新年も楽庵ランチにお客様をお迎え出来ました。

s056.jpg
松の内にご来店のお客様が、「器にどうですか、よろしかったらお使いください。」と
孟宗竹をお持ちくださいました。
迫力満点で早速、木目込み人形を置き「かぐや姫です。」と遊んでみました。

又、びっくり!なことが、
s180.jpg
昨年ご来店のお客様が「楽庵で皆さんに見ていただけるのでお作りします。」
と確かにおっしゃってくださいましたが、、、

新年に相応しい吊るし雛をお持ちくださいました。
制作期間1年をかけ数個しか作れないとのこと。

s173.jpg
お客様のお人柄そのままに、優しくおおらかで、
見ているだけで癒されます。

s174.jpg
見てくださるお客様も、「うわあ〜。」の後はしばし無言。
ふんわりと優しく、一つ一つ見ていると時間を忘れます。

s171.jpg
「お客様お食事忘れないでくださいませ。」と冗談が出そうですね。

s170.jpg
お菓子は相変わらずつくね芋が大活躍で美味しい〜!(手前みそで失礼。)
練りきりのお菓子をお出し出来ています。

お忘れなく楽庵にお越しいただけるだけで、有り難く嬉しいことですのに、
温かいお気持ちまでいただき、感激!です。

ご縁を大切にこれからもお客様にお寛ぎいただけるように頑張ってまいります。
皆さま本当に有難うございました。

合掌。

posted by 楽庵 at 09:09| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

おせち料理

楽庵ランチのお客様より
今年もおせちを作ってくださいと嬉しいご注文をいただきました。
昨年は6家族分でしたが、今回は2段重で15件分。

昨年の2倍強の買出しを始めましたが、食材の量については
リスト表に、たとえば卵50個、海老50本とか書きこみ、
初めての大量買いを大いに楽しみました。

料理といえば、まず出汁ですね。
s011.jpg
寸胴いっぱいの昆布だし、私の作り方は50度で30分が通常ですが、量の違いは
時間にもでます、様子をみながら、、、。

s013.jpg
きんとん作り。サツマイモを煮て裏ごしして、密と砂糖を加え、混ぜ、「重~い!」

022.JPG
伊達巻きは10本。端の切り落としはすべて私のお味見用です。
甘さ控えめなのが大好きなのです。

s014.jpg
黒豆は昨年家庭菜園で収穫したもので、可愛いです。
3日間、私のそばのオイルストーブの上に置き煮汁がなくならないように目をかけつつ
最終日は13時間とろ火にかけました。

020.JPG
途中経過。
松前漬けや、数の子、きんとん、なます、など
時間経過とともに冷蔵庫にお行儀よく並びました。

001.JPG
和菓子も手作り。
みかんと花柚子は蒸して色よくやわらかくなったところで蜜で煮て、
中をくりぬき(中身はジャムにしました。)白餡を寒天で固めて作りました。

028.JPG

最終日、寒い朝の内にお重詰めをしました。
皆さま、ご用意のそれぞれのお重をお持ち込みいただき、
私は詰めるだけとわがままをさせていただきました。
この詰め込みがまた楽しく、それぞれのお重に美しく映えるように、
松、笹、ハラン、松葉ぎんなんなどすべて生のものをあしらいました。

基本のおせち料理ですが、楽庵を愛してくださるお客様に、
感謝と御礼をこめて、手をかけ、心をかけてお作りいたしました。
ありがとうございました。

皆さま良い年をお迎えくださいますよう祈念しております。





posted by 楽庵 at 09:36| Comment(3) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

千客万来!

s023.jpg

小布施で見つけた秋が大好きな山野草たちも色鮮やかに咲き始め、
お客様をお迎えいたしております。

11月に入り、新蕎麦を楽しみにご来店のお客様も加え、
大勢のお客様をお迎えすることができました。

魚や野菜は旬をふんだんに取り入れて献立を考えています。
楽庵は土作りから種まきして自家栽培している野菜(ほとんど主人に頼っておりますが)を使用しています。

s005.jpg
葉物野菜はレタス、小松菜、青梗菜、ほうれん草、春菊、デザート用の
ミントなど皆元気に育っています。

今回は初取りのキャベツと秋掘りのジャガイモを蒸し野菜としてお出しいたしました。
s006.jpg




s004.jpg

その他、旬のやさいが出番を待ってくれています。




s020.jpg
大勢のお客様にお蕎麦料理を召し上がっていただくために考えました。
s017.jpg
お席中に天麩羅コーナーを設え、揚げたてをお出しいたしました。
友人(調理師)より上手に揚げるテクを教えていただき助かりました。
ほんとに美味しく揚がったものをお客様にお出しできました。
有難うございました。

いろいろな方に支えていただき、私、ますます楽しくなってまいりました。



posted by 楽庵 at 20:19| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

早8ヶ月!

s020.jpg
玄関では季節のお花がお出迎えしています。

楽庵開店から早8ヶ月、
毎月のようにご来店くださるご常連さまやご友人と再度ご来店くださる
お客様などの応援を有り難くお受けして、日々楽しく、毎月しつらえやお献立などを
考えています。

友遠方より来るT、U、V、、、。

007.JPG
4月末のご来店でしたが初夏のような日が続きましたので
お花見御膳よりいち早く皐月のお献立にいたしました。

目ではさわやかさを、味では海、山の新物を心がけました。

お茶をたしなむ方、なさらない方もとうかがっておりました。
お茶席をテーブル席の隣に設え、
楽庵製のヨモギ大福と薄茶を差し上げました。

「お茶席がちょっと心配でしたが、とってもくつろげました。」と言ってくださった
お客様は、お花や他の植物にお詳しく、私どもが育て方なども教えていただきました。
猫の額ほどの我が家の庭の茶花を、皆さんで椅子を移動してお顔をつけるようにして
もちどうり花談義に花を咲せていらっしゃいました。

茶道でも花は掛け物と共に重要な分野ですね。
「それだけお詳しかったらお茶席も心配ないですね
十分にお楽しみいただけると思います。」
と申し上げたような訳でして、

また違うお花を皆さまと愛でる機会を
楽しみにお待ち申し上げます。


s023.jpg

そして、
今回もメモリアルなお食事会をご予約いただきました。

是非お蕎麦の方でとのご希望でしたので、楽翁(主人)さんの
出番となり、張り切って手打ちいたしました。

s013.jpg
アツアツの天麩羅(摘みたてのタラの芽なども)を召し上がっていただく為に席中に
ご用意いたしました。
s016.jpg
冷たいお蕎麦の後は、あんかけ揚げ蕎麦を。
カリカリの食感の蕎麦と魚貝と野菜のあんかけはベストマッチですね。

そして、サプライズ!
s011.jpg

お母様が御子息のお誕生日のお祝いに注文でしたので、
それも「内緒でね、、、」とのことで、私もワクワクドキドキでした。
男の子も大きくなるとなかなかおかあさんと一緒にという機会も
ないようですから、
「誕生日だから楽庵で食事しましょう。」
そしてサプライズのケーキ!
は、気が利いていていいですね。じ〜んわりと私の心も温かくなりました。

幸せの時間をお手伝いさせていただけて、嬉しく有り難いことでした。












posted by 楽庵 at 11:27| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

お花見のお客様

卯月、春というより初夏を思わせる頃

s125.jpg

年数回の交流を大切になさっている
蘭の会の皆さま10名ほどお迎えして華やかで、和やかな1日をお過ごしいただきました。

s128.jpg

お料理は四月限定のお花見御膳、(桜鯛の昆布占め道明寺桜葉巻きは、旬を存分に味わっていただきました。)
椀物、デザートなどのあとは、
お客様お持ちのお菓子など楽しんでいただきました。
私もお茶の用意など済ませたあとは、楽しませていただきました。
でも久しぶりの皆さまのお邪魔にならないように、

「御用の節はお鳴らしください。」と

s158.jpg
をお預けしてお客様にはお寛ぎいただきました。

この鐘の音は澄んだ清らかな音で知らせてくれます。
骨董市で求め自分たちの楽しみだけになっていたものが
お客様にも目と耳で楽しんでいただく為に一役かってくれています。




posted by 楽庵 at 10:25| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

じゃ〜んU

庭の桜もほころび始めました。

s104.jpg

そして4月、5月限定の楽庵ラベルのお酒が届きました。
s123.jpg
夜桜と鯉のぼりです。

警察署と税務署に届け出をして登録した都合上、ラベルの柄を
替えてはいけないのかうかがったところ、楽庵の字をかえなければ良いとのこと。
ラッキーです。わくわくです。

3月は梅でした。4月、5月のは限定で5本づつしか作らなかったら、
すでに10本以上の注文や予約があり、あわてて追加発注いたしました。

お土産やプレゼントにお持ちいただいたり、
5月の兜飾りの横においてくださったりと、
皆さまも楽しんでくださっているようで嬉しい限りです。
posted by 楽庵 at 17:38| Comment(3) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

弥生三月 千客万来!


三月となり、三寒四温の中楽庵ランチを楽しんでくださる
お客様が多数おいでいただき、嬉しい悲鳴といったところです。

s096.jpg
満開の紅梅がお客様をお迎えしています。

加えて親戚の娘の結婚に際し両家お顔合わせの会を承り、
お役に立つ嬉しさと、成功させねばという緊張感でいっぱいでしたが、
始まってみれば、

s065.jpg
皆さんで和やかに見合わすお顔は笑顔であふれ、お話も弾んでいるいる様子を
裏方から嬉しく拝見しました。

sKG7Z5430.jpg
椀物は鶴亀を盛りお祝いの気持ちを込めました。

お食事の後は、事前打ち合わせでお茶会を開かせていただけるとのことで、
茶席にお移りいただき、
sR0015469.jpg 
麗らかな暖かい日差しのなか、お祝いの一服を差し上げました。

お茶会の後は
晴れ姿のお二人の撮影会となり、ご家族様が思い思いに写真に収めて
いらっしゃいました。

s080.jpg

着物と帯の着付けは、私と駆けつけてくれた娘でさせていただきました。
ご両家さまから大変喜んでいただけました。
私共の出来る限りのお祝いの気持ちを込めておもてなしをさせていただきましたが
皆さまの思い出に残る会となりますことを願っております。



posted by 楽庵 at 10:35| Comment(2) | 楽庵ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。